リビングにおすすめのカラーとその心理的効果

リビングは一般的に生活の中心となる部屋であり、一家団らんを楽しむ空間でもあります。家族が共に過ごすスペースでは、インテリアにもこだわりたいですよね。カーテンは、インテリアの中でも部屋の印象を大きく変えてくれる存在です。それでは、リビングにおすすめのカーテンのカラーと心理的効果を見ていきましょう。 オレンジは「温かさ」や「明るさ」などのポジティブな印象を与えてくれるカラーです。明るく、親しみのある家庭的な空間を求めている場合に適しているといえるでしょう。 また、淡いオレンジであれば安心感を、濃くはっきりとしたオレンジであれば活発で陽気な印象を感じることができます。緑は「穏やかさ」や「癒し」といった印象を与えてくれるカラーです。日々の疲れを癒し、リラックスできる空間を求めている場合に取り入れてみてはいかがでしょうか。

キッチンにおすすめのカラーとその心理的効果

キッチンは、決して一日の中で長い時間を過ごす場所というわけではありません。しかし、料理は基本的に立ちっぱなしであり何かと気を張っていなければならないことも多い作業です。そんなとき、キッチンの居心地の良さは重要なポイントとなってきます。キッチンにおすすめのカーテンのカラーと心理的効果を見ていくと、白は「清潔さ」を感じさせてくれるカラーです。膨張色であることから空間を広く見せてくれる効果もあると言われています。清潔感があり、広々としたキッチンを求めている場合におすすめです。黄色は「活発さ」を感じさせてくれるカラーであり、気分を明るくする効果を持ちます。意欲的に、楽しく料理に取り組みたいという場合に適しているといえるでしょう。