寝室やトイレに適したカーテンのカラー

くつろいで過ごしたい寝室のカーテンには、安らいだ気持ちにさせる効果のある色を選ぶのがおすすめです。淡いブルーや緑、ベージュなどは部屋の雰囲気にも馴染みやすいので落ち着く空間づくりに役立ちます。反対に濃い赤やオレンジなどの鮮やかな色は、体を休めて眠るための寝室には避けた方が無難です。リラックスして用を足したいトイレの小窓にカーテンを掛ける場合にも、やはりナチュラルな色合いのものを選ぶことをおすすめします。自然をイメージする淡い緑や、清潔感のある白といったカラーが適しています。軽やかなレースなどの薄い素材を選ぶのも良いでしょう。トイレの場合も、一般的に重苦しい黒やどぎつい赤などの色は避けた方が落ち着く空間になります。

ワンルームに適したカーテンのカラー

限られたスペースしかないワンルームの部屋にこそ、カーテンの心理効果を活かすことをおすすめします。黒や紺などの濃い色は引き締まった印象になるため、部屋が狭く見えるのが特徴です。そのため狭い面積のワンルームを、できるだけ広く見せたいという場合には、淡い色のカーテンを取り入れると良いでしょう。白やクリーム色、淡いベージュなどのカラーを使用するほうが部屋が広く見えます。また柄のカーテンと無地のカーテンでは、柄があるほうがごちゃごちゃした印象になり、無地のほうがスッキリとして見えるのが特徴です。このことからも、もし狭いワンルームの部屋を広く見せたいというのであれば、淡い色で無地のカーテンを取り入れるのがおすすめです。