間違いなく統一感のある部屋にするなら同一色

冒険せず、王道的に統一感のある部屋に仕上げたいなら、カーテンはソファーやベッドと同一色にするのがおすすめです。同一色というのは全く同じ色という意味ではなく、同じ色調でトーンが似ている色のことを指します。例えば、ソファーがブラウンなら、辛子色やベージュなどを合わせることです。あまり色彩感覚に自信がない人でも間違えにくく、部屋にぴったりとハマるでしょう。また、同じ色調でトーンだけ違う色を選ぶと統一感がありながらもメリハリのある印象となり、ワンランク上の空間を作り出すことができます。ソファーがダークなブラウンなら、カーテンは明るいベージュにしてみると、まとまった印象を与えながらも変化に富んだイメージになります。

上級者は同トーンの異なる色を選んでみる

王道ではなく少し遊び心のある部屋にしたいなら、カーテンの色はソファーやベッドと同一色にするのではなく、異なる色を選んでみるのもよいでしょう。異なる色を選ぶとまとまりのない印象になりそうに感じますが、トーンを揃えればセンス良くまとめられます。ベッドカバーがオレンジで、カーテンにはグリーンやピンクを選んだとしても、トーンが同じなら統一感が得られます。風水をインテリアに取り入れる場合、使いたいカラーがイエローとブルーなど全く異なる色味のこともありますが、トーンさえ揃えればハチャメチャな印象にならずに運気の良い色を取り入れることが可能です。トーンは、色相カラーチャートで調べることができるので、利用してみると良いでしょう。